第二章 1. 合格力電気コンセント

脳をダメにする勉強部屋

脳(前頭前野)の血流量を下げる最大の要因は勉強部屋の電気環境です。勉強部屋に電気コンセントや電気配線、延長コードなどの有害な人工電磁波の発生源があると間違いなく脳(前頭前野)の血流量は下がります。脳の働きも悪くなり、成績も下降します。
このような事にならない為に、まず最初に受験生の親がすべきことは、勉強部屋の電磁波環境をよくすることです。



勉強部屋の電気コンセント

電気コンセントがどれくらい脳(前頭前野)の働きを悪くするかについてのお話です。電気コンセントに頭を近づけると脳(前頭前野)の血流量が低下します。
これは電気コンセントから188 V/S(スウェーデンの電磁波安全基準値の実に約7倍)もの高い低周波の電磁波が出ており、それが脳に悪影響を与えるからです。
このような電気コンセントのある場所で一生懸命勉強しても子供は勉強がはかどらず成績も上がりません。このような場合、電気コンセントに適切な電磁波対策を処置することが必要です。
そうすれば、子供の脳は奇跡ともいうべき質的変化を起こし、合格率が間違いなく上がるのです。



延長コード

延長コードからは電気コンセントから出るものと同じ電磁波が絶えず出ています。身体の近くに延長コードがあると脳(前頭前野)の血流量は低下し、脳(前頭前野)の働きが悪くなり、頑張って勉強しても成績が上がらないというような事が起きてきます。


よくある誤解①

電気コンセントに何もつないでいないから大丈夫と誤解する人がいますが、何もつながなくても電気コンセントからは、許容量をはるかに超える低周波の電磁波が出ています。


よくある誤解②

その結果、大事な受験の追い込みの時期に成績がかえって下がるということが起こります。ところが、このような事実を知っている人はほとんどいません。 たとえこの事実に気づいたとしてもどのように対処したらいいのかを知っている親は極めて少ないのです。


勉強部屋の電磁波対策

電気コンセントや延長コードなどから出る人口電磁波の悪影響を無くすものがあります。
それは銅製のコイルを炭で覆った形状をした炭コイルというものです。これを図のように電気コンセントの差込口を塞がないように貼ります。
すると、電気コンセントから出る人口電磁波は全く減りませんが、脳(前頭前野)に対する悪影響が激減します。実際、電気コンセントに炭コイルを貼ってから脳(前頭前野)の血流量をニルスで測定すると血流が低下しないか、低下してもわずかな低下ですむことがわかりました。延長コードの場合も炭コイルを貼ると電磁波の悪影響がなくなるか低減します。
その結果、受験生の脳(前頭前野)の働きを押さえつけていたものがなくなり、脳(前頭前野)は本来の働きを取り戻し、成績が上がり始めます。



炭コイル

アンペールというA(アンペア)の電流を表す記号の由来にもなった科学者が考案したアンペールの法則というものがあります。それは、時計回りの銅製コイルと、反時計回りの銅製コイルを重ねてつなげると、それぞれのコイル内を流れる電磁波の向きが反対方向になるので、電磁波が相殺されて減少するという法則です。 この法則をもとに作ったコイルを、電磁波対策に効果的な炭で覆ったものが炭コイルです。


電磁波が減らないのになぜ?

炭コイルを電気コンセントや延長コードに貼っても、そこから出る電磁波は全く減りません。それなのに、なぜ脳(前頭前野)に対する悪影響が減るのでしょうか。 それは炭コイルが電気コンセントや延長コードから出る電磁波と空気中の水分を利用してマイナスイオンを発生させるという事です。マイナスイオンは脳(前頭前野)の血流量を増やすため、電磁波の悪影響を消してしまうのです。


日本の電気コンセントだけが問題

日本の子供だけが、世界中のどこの子供よりも電磁波の悪影響を強く受けます。 その原因は、日本の電気コンセントだけが、余分な静電気や電磁波を地球(地面)に返す機能(アース機能)がないからです。 そのため、家には静電気がたまり続け、そこに住む人が電磁波に汚染され続けます。 その結果、がんばっているのに良い成績がとれない、勉強をはじめるとすぐに眠くなる。漢字や単語が覚えられない。覚えてもすぐに忘れてしまうといったことが起こります。


<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP