第二章 前頭前野の働きを妨げるもの

この章では主に家庭内の電磁波環境が問題であることを述べています。 そのため、読まれる方は電磁波の害をなくせば良いのだと思われるかもしれませんが、それだけでなく、有害な電磁波を有益な電磁波(つまり脳育に役立つ電磁波)に変えてしまうことで、脳の前頭前野の働きを良くしていきます。

脳(前頭前野)の血流量を下げる(つまり脳の前頭前野の働きを低下させる)最大の要因は勉強部屋の電気環境です。 勉強部屋に電気コンセントや電気配線、延長コードなどの有害な人工電磁波の発生源があると間違いなく脳(前頭前野)の血流量は下がります。さらにスマホやスマホの充電器、ACアダプタ、タブレット、パソコンがあると脳の働きはさらに妨げられます。その結果、成績が下降します。
このような事にならないために、勉強部屋の電気(電磁波)環境をよくすることは大切です。それだけで、まちがいなく偏差値は上がりやすくます。



勉強部屋の電磁波環境をよくする方法

1. 電気コンセント

・日本の電気コンセントだけが問題
・延長コード

2. 電気ブレーカー

・ブレーカーは前頭前野のデストロイヤー
・ブレーカーは子どもを破壊する
・親の言うことに反抗的なのは有害電磁波が原因

3. スマホ、パソコン対策

・前頭前野の脳血流を下げるスマホや携帯電話
・枕元のスマホや携帯
・欧米やヨーロッパでは規制が

4. 子どもが電磁波の影響を受けやすいわけ

・静電気が受験生の脳を破壊
・子どもが電磁波の影響を受けやすいわけ

↑ PAGE TOP