第一章 合格する脳をつくる!

前頭前野の働きを良くしてから勉強すると、スポンジが水を吸い込むように、どんどん学習内容が頭に入ってくる。ところが、前頭前野の働きが悪いまま勉強すると、学習内容がなかなか頭に入らず定着しない。
脳の前頭前野の働きを良くした子どもたちが、これまで短期間で飛躍的に成績を伸ばし、偏差値を伸ばし合格している。
このような方法は、受験に合格するためだけでなく、脳の発達に不可欠な方法である。


1. 脳の前頭前野が決め手!

・成績が上がる人、上がらない人
・これからは自分で「考える」ことが重要
・苦手を克服

2. 合格する脳(前頭前野)をつくる

・受験に奇跡を起こす前頭前野とは
・脳にとっての報酬とは
・子供が自分から勉強するわけ etc...

3. 脳科学に基づいたエビデンス重視の受験法

・脳科学に基づいたエビデンス
・ニルスについて

4. 脳(前頭前野)は短期間で進化する

高校生の男子は
・ゲームやスマホ、LINEばかりの生活

5. 早ければ早いほどいい前頭前野の働き方改革

・前頭前野をダメにするもの
・子どもが自分から勉強するわけ

↑ PAGE TOP