第一章 3. 脳科学に基づいた方法

ニルスを使う

前頭前野の働きを知るためには、前頭前野へ流れていく血液の量を測ることが必要です。そこで、脳(前頭前野)の血流をモニターできるニルスという器機を使うことにしました。 ニルスは脳(前頭前野)の血流量を、リアルタイムで測定することができます。脳が良く働いている部分には血液がたくさん流れます。ニルスで脳血流量をリアルタイムで見ることで、どのようにすれば脳の働きを高めることが出来るかが、一目瞭然でわかります。


ニルスの説明

写真のように頭部に装着した装置がニルスです。脳全体を測定するニルスもありますが、ここでは受験と関係がある前頭前野の脳血流を測定するニルスを使っています。 図の1から16までの数字は、脳血流量を測定している部位を表します。1から6くらいまでが右脳で、11から16までが左脳です。 特に受験と関係があるのは1~6、又は11~16の前頭前野後外側角という部位です。ここの部分の血流が良くなるかどうかで受験に勝てるかどうかが決まります。


ニルスの折れ線グラフの読み方

次の図の赤い線は、ニルスで測定したある部位の脳血流量を示します。赤い線が破線よりも上であればあるほどその部位の脳血流量が多いことを意味します。横軸は時間経過を表します。


ニルスの画像の見かた

ニルスによる結果の表示の仕方には折れ線グラフのほかに、カラー画像で表示する方法があります。この方法では脳血流量が多い部位は赤のような暖色で表示され、脳血流量の少ない部位は青のような寒色系で表示されます。
アイテムの一つ、合格力シートを使う前は脳(前頭前野)全体が青く表示され、脳(前頭前野)の血流量が少なく、脳(前頭前野)があまりよく働いていないことがわかります。しかし、合格力シートを使うと脳の広い範囲が赤く表示され、脳がよく働くようになったことがわかります。
脳の何%がはたらいているかということはこのような画像データから知ることができるのです。


脳(前頭前野)は短期間で進化する

脳(前頭前野)の質は比較的短期間で変えることができます。これを脳科学では脳の可塑性と言いますが、無限ともいえる可塑性を持つのが、この受験期の脳(前頭前野)の特徴なのです。 実際、早い人で一か月足らずで、親が驚くほどよい変化をみせたケースがありました。合格シートを使うと脳(前頭前野)はその瞬間から変わりはじめるのです。


高校生の男子は

高校3年生の息子さんがいる中学生の保健室の先生が、自分の息子のえりもとのやや下に合格力シートを貼ったところ、効果があったといいます。それまで、何を聞いても曖昧な返事しかできなかった息子がシャキシャキと返答するようになったというのです。 それだけでなく、自分が将来どのような道に進みたいか、はっきりと言うようになったというのです。私が見ても、高校3年生の男子の変化は明らかでした。


保健室の子どもたち

自分の子どもが良くなったので、中学校の保健室の先生は、保健室に具合が悪くてくる中学生のえりもとのやや下に、合格力シートを貼ってみたそうです。 すると、具合の悪かった数十人もの中学生が、合格力シートを貼った途端、グースカいびきをかき寝入ってしまったそうです。そして1時間ほどで目を覚まし、調子が良くなったと言って教室に戻っていったといいます。 以前は毎日十数人ほど保健室に来ていた中学生が、今では毎日1人位になってびっくりしたと言っていました。


ゲームやスマホ、Line(ライン)ばかりの生活

保健室に来る中学生のほとんどが、夜遅くまでゲームやスマホ、Lineをしている中学生だったそうです。保健室の先生によると、寝不足の影響もあるかもしれないけれど、ゲームやスマホ三昧によって電磁波の影響を受けたことや静電気が体に溜まったために具合が悪くなっていたのではないかと思われると言うのです。 それが合格力シートを使うことで、電磁波や静電気の影響力が無くなり、元気を取り戻したのではないかと保健室の先生は話してくれました。


合格力シート

合格力シートは、図のような模様の電気基盤です。この形はフラクタル構造と言われる構造で、電磁波のノイズ成分をカットしたり、静電気を減らす働きがあります。具体的には、これを服やシャツのえり部分よりやや下に貼ります。絆創膏やテープで貼ることもできますが、布に入れて布ごと服に縫い付けても良いでしょう。 ここで、電磁波の静電気の話が出てきたので、次は、脳に悪影響を与える電気(電磁波や静電気)についてのお話しです。


<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP