第一章 1. 受験勉強は子供が、受験対策は親がする

親は子供に「勉強しろ」とは言えない

わたしもそうですが、今の親は子供にもっと勉強しろとは言えないのです。クラブ活動で疲れきっている中での家庭での勉強なので、「もっともっと勉強時間を延ばせ」なんて言われても、子供は出来ないのです。 そこで、子供の負担を増やさないで、飛躍的に勉強効率を上げる方法がないか、いろいろ探しました。ところがそんな虫のいい方法はなかなか無く、あったとしても高価であったり、科学的なエビデンスがないものばかりでした。


アリ地獄

私の場合、自分の子どもの成績が思うように上がらないばかりか、徐々に下がってしまったことがありました。まるで自分の子どもがアリ地獄の穴にズリズリと引き込まれていくのに、自分ではどうしようもないような、いやーな感じに襲われたことがしばしばありました。このまま成績が落ちていったら、取り返しがつかなくなってしまうような焦燥感です。しかし、受験は子供がするものなので自分は何もしてあげられないと思っていました。



すごい発見

ところがある時、今までと同じような勉強のしかたしかしてないのに子供の成績が伸びるようなことが起こったのです。しかも2人に1人の子供の成績が。そしてなぜ子供の成績が上がったのかを調べてみると、子供の脳の前頭前野の働きが上がったことが判ったのです。それは、子供たちの前頭前野の血流を調べると血流が増えるという事が判ったのです。前頭前野の血流が増えると、前頭前野の働きが良くなります。そうなれば、勉強時間を増やすことなく、学習効率が上がるため、子供に今以上の負担(勉強時間を増やすこと)をかけずに子供の成績が上がるのです。私はこのような経験から根性で受験に合格する時代から、脳科学を利用してスマートに受験に合格する時代がきたと思いました。


効果の出方

効果のでかたには、個人差があります。最初は小さな変化かもしれませんが、脳(前頭前野)の脳血流量が増えると確実に子供が変わります。急に成績を上げる子供もいますが、じっくりと上がっていく子供もいます。
普段から前頭前野の血流を上げるようにしておくと、勉強していない時でも子どもの脳(前頭前野)に血液が多く流れるため、「さあ勉強、いざテスト」という時に脳(前頭前野)は即座に働き始めます。
これは、自動車がアイドリングしていると素早く発進することができるのと同じです。違う言い方をすれば、子供の脳がターボエンジンのような働きを方をし始めるという事です。これは限られた時間内に速やかに脳を働かせなければならない受験生にとって絶対的なアドバンテージ(有利)になります。
冒頭でお話しした中学生の方は、寝る時でさえパジャマのえりあしの部分に、前頭前野の脳血流を上げる方法を用いていたそうです。
使わない時に脳(前頭前野)に血流がいったら眠れなくなるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、寝ている間に脳に血液がいっぱいいって、脳に栄養や酸素がたっぷり運ばれると、脳の疲れがとれやすくなるのです。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP