わたしたちは頑張っている受験生が確実に報われるように
『脳(前頭前野)の働きを上げてから勉強する』という全く新しい、学習コンセプトを提案します。


はじめに

受験に合格するかどうかは前頭前野の働きで決まる。
どんなに一生懸命勉強しても、どんなに良い学校や塾、予備校に行っても、前頭前野が働かなければ合格率は上がらない。 前頭前野は、記憶力や思考力、想像力を司るため、前頭前野が働かなければ思考力や想像力が試されるこれからの受験には勝てないのだ。
逆に、前頭前野の働きを高めることができれば、受験に勝つ可能性が飛躍的に高まる。
最近では、宮城県内の模試で200番台あたりを低迷していた中学3年生の女子が、前頭前野の働きを良くすることで、たった2カ月で県内模試で14620人中、1位になった。その後彼女は、宮城県内で一番の高校に合格した。 この前頭前野の働きを高めて、短期間で成績を上げた中学生や高校生は少なくない。前頭前野の働きを高める方法を使った半数以上の受験生が短期間で成績を上げ、受験に合格した。
もちろん、まじめに勉強することも、良い学校に行くことも受験に合格するための必要条件になる。
しかし、受験に合格するためには何かが足りなかったのだ。
この前頭前野の働きを高める方法は、受験生に無理なく合格に導く奇跡の方法である。
しかも、有名な学校や予備校や塾に行くことから考えると、コストもほとんどかからない夢のような方法なのだ。

2016年6月 丸山 修寛



コンテンツ

更新情報・お知らせ

2016/07/01
サイトオープンしましたNEW

丸山医師オフィシャルサイト

最新の電磁波対策を随時更新中

↑ PAGE TOP